« リラックスヨガのご案内 | トップページ | cafe結 営業時間の変更のお知らせ »

鳥取 板井原集落

所用で鳥取へ行く途中、以前から気になっていた鳥取県智頭町の板井原集落にあるカフェ「野土香」へ行ってきました。

板井原集落は、智頭町の市街地から細い山道を延々と4キロ近く分け入ったところに忽然と現れ、周囲の山々に沈み込んだような印象の集落です。

この集落の始まりは平安時代にさかのぼり平家落人の隠れ里であった歴史があるそうで、大部分の建物は50年以上経過しており、中には300年経過した建物も残っています。

智頭の市街地からの路線バスなど公共交通機関は一切無く、観光地化されることもなく昔からの生活が維持されている本当の〝日本の原風景〟がそこにはありました。

そんな中に築100年の古民家を改装したカフェ「野土香」はあります。

集落の中には車が通行できる道路は当然ありません。

集落の端にある神社の空き地に車を止め、集落の生活道路となっている六尺道(幅が2メートル弱の道)と呼ばれている道を通って、カフェに向かいます。

6

カフェ「野土香」の外観。

Ndoka

この日は台風の接近で大変蒸し暑い日でしたが、店内は集落を流れる清流から流れ込む涼風があり心地良い空間でした。

Naka

目の前の木々には野鳥がひっきりなしに訪れます。

Cake

カフェのすぐ横を流れる清流。

Kawa

意図的に手が加えられたのもが全くなく、日本昔話に出てくるような世界観が残ってます。

是非訪れてみてください。









|

« リラックスヨガのご案内 | トップページ | cafe結 営業時間の変更のお知らせ »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199993/53109785

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取 板井原集落:

« リラックスヨガのご案内 | トップページ | cafe結 営業時間の変更のお知らせ »