« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

〝無印良品〟のサイトに『どっぽ村』が紹介されています。

〝無印良品 くらしの良品研究所http://www.muji.net/lab/blog/caravan/shiga/〟というサイトに『どっぽ村』が紹介されています。

是非ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草津の家

現在、どっぽ村エコワークスが滋賀県草津市に建てている家のキッチン周辺の家具工事の打ち合わせに出かけました。

今回の現場は、農山村部での現場が多いエコワークスにしては珍しく、立命館大学草津キャンパスにほど近く、周囲はパナソニックの工場が建ち並ぶ都市部です。

農山村部に比べ制約が多い都市部でも、さすが石場建てではありせんが、木製サッシ、自然素材などなどその建築スタイルには変わりはありません。

1ffuki_2

1階リビングダイニングから見た2階吹き抜け。

2fkodomo

2階子供部屋と高窓。

この高窓。エコワークスの定番で、片流れの屋根の高い方に高窓を付けることによって、明かり取りは当然ですが、〝夏は2階部分は暑い〟という常識を見事に覆します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厨房工事②

厨房も完成に近づいています。

オーダーしていたステンレスシンクトップも設置が終わりました。

後は、シンク下の引き出し、水栓そしてクッキングヒーターを取り付けたら完成です。

Chu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長浜工芸研究会/ギャラリー八草

滋賀県長浜市周辺で生産されている仏壇 通称〝浜仏壇〟の職人さんが運営されているギャラリー八草http://yatsugusa.com/about.htmlへ行ってきました。

長浜工芸研究会は長浜を中心に活動している職人・工芸家の有志によって長浜曳山祭りの山車を支えている高度な伝統工芸を伝承していこうと立ち上げられ、その情報発信の拠点としてギャラリー八草があります。

このギャラリーは、ただ作品展示をするだけでなく、漆塗り、金継ぎなどの伝統技術のワークショップを積極的に行っています。

この職人さんとは以前から付き合いがあり、今年度の滋賀県立大学の学生さんが当工房で製作した器に漆を塗りたいということでお世話になったお礼とオーバルボックスを漆仕上げしたお弁当箱の製作に関わる相談のため出向きました。

漆塗りオーバルボックスは、4月のカフェのオープンを記念して行う予定の企画展で披露する予定です。ご期待ください。

また、当工房の木工ワークショップに参加される方々から製作した作品に漆を塗りたいという要望が以前からあり、当工房で器などの木地を製作し、ギャラリー八草で漆仕上げをするなど連携しながら木工ワークショップを開催していくこともなりました。

今後、「自分だけの漆塗り器をつくろう(仮称)」を企画していく予定です。こちらもご期待ください。

Yatu1

Yatu3_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滋賀県立大学 生活デザイン学科 卒業研究・修士研究展示会

滋賀県立大学 人間文化学部 生活デザイン学科の平成24年度卒業研究・修士研究展示会の見学に出かけてきました。

3年前から学生さんが当工房で卒業制作に取り組んでいます。

今年度は2つのゼミから2名の学生さんが来ていました。

「10年後の君に贈る」をコンセプトに製作した学習机です。大人になったら使えない学習机が多い中、いつまでも使い続けることのできる学習机をデザインし製作していました。

Shi1_2

「記念日に贈る」と題した木の器や雑貨です。

Shi3


工房に来た当初は作業もままならず完成度の高い作品ができるのか不安でしたが、約2ヶ月間、5℃以下の工房内でも気にせず黙々と製作に没頭し、十分商品にもなる立派な作品になりました。

Shi2_2

毎年来る学生さんが約2ヶ月の間に立派な作品を作り上げ何か自信をつけていく様子を見ていると、自分の好きなことを見つけ学ぶことの大切さをあらためて実感します。

来年度は今からどんな学生さんが来るのか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーベキュー小屋のその後

先月22日に建前をしたバーベキュー小屋。http://ybydw133.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-e0bd.html

建前から約3週間が経ち、杉皮葺きの屋根もできあがり周囲の風景に溶け込んだ趣のあるいいものになってきました。

Kuri1_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〝木の家ネット〟の大工さん

〝木の家ネットhttp://kino-ie.net/〟の大工さんたちが三和土土間の見学に来てくれました。

Daiku

左から三重県の高橋さんhttp://www.takahashi-kk.net/、静岡県の北山さんhttp://kino-ie.net/kitayama/、そして全国を駆け巡る左官の小山さん。

自分の仕事に自信と誇りを持ち生きている方々ばかりですごく魅力的で何か勇気をもらえました。

そんな人たちから、セルフビルトしたカフェについて「よく素人でここまでやりましたね。」と褒められすごくうれしかったです。

それぞれの活動場所は離れていますが、今後つながりを持ちながら楽しいことをしていこうと考えています。

また、楽しみが増えました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

丸松木材工業

今回の工房とカフェのセルフビルドでは使用した木材の大半をお世話になった滋賀県彦根市の丸松木材工業http://marumatsu-mokuzai.co.jp/へ完了検査終了の報告に行ってきました。

Marumtu

Marumatu2_3


左側の小柄な方が社長。右側の大柄な方が営業の板東さん、通称バンちゃん。

今回のセルフビルド、丸松木材工業のバンちゃんの存在はすごく大きかったです。

木のことは何でも知っているのは当然、無理難題も快く引き受けてもらえ、いろいろアドバイスもあり大変お世話になりました。建前当日には手伝いにも来ていただき感謝しています。

カフェの一つの売りは2寸(6㎝)厚の床板です。断熱性能を高めることが目的で使いましたが、これが正解でいったん2寸の床板が暖まると蓄熱効果があるのか通常の断熱材とは違い長い間暖かさが残り足触りも最高です。

通常の床板は1寸ですが、この2寸材も当然、丸松木材工業でお世話になり選りすぐりの材を特別に挽いてもらいました。

会社の売りたいものを売る会社ではなく、施主の立場になって材料を調達してくれる丸松木材工業、バンちゃん、本当にありがとうございました。

これからもお付き合いよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完了検査 無事終了

基礎工事からはじめた工房とカフェのセルフビルド。

約3年が経ち、ようやく完了検査http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%8C%E4%BA%86%E6%A4%9C%E6%9F%BB%E7%94%B3%E8%AB%8Bが無事終わり、今回取り組んだセルフビルドも一区切りつきました。後はカフェのオープンに向けた内装工事だけです。

セルフビルドといっても自分一人だけでできたわけではありません。多くの方々のご協力があってでてたことと痛感しています。ご協力いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

4月20、21日には、カフェで完成を記念して知り合いの陶芸家、刀鍛冶、デザイナーの方々と企画展を開催します。(詳細は後日)

是非お越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成果。

Seika


滋賀県立大学 人間文化学部 生活デザイン学科の卒業研究・制作展http://www.usp.ac.jp/japanese/news/e_20130122172144.htmlの案内DMです。

当工房で卒業制作に取り組んでいた学生さんが卒業研究・制作展の案内のため今日工房を訪れました。

制作論文、作品展示もすべて終了し後は発表を待つだけになり満足げな表情が印象的でした。

約2ヶ月間、雪の日も雨の日も約1時間かけて彦根から通い、年末年始も返上で制作に取り組んでいた姿を思い出します。本当にお疲れ様でした。完成した作品のできばえも大切ですが、そこまで熱意をもって取り組んだ過程こそが成果だと思います。

お時間があれば是非見学にお出かけください。

Tukue

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンクトップ納品

カフェの厨房工事は順調に進んでいます。

今日、ステンレス加工会社にオーダーしていたシンクトップが納品されました。

今後は、仕上がりに依頼した図面寸法と若干の誤差があるので完成品を正確に採寸しシンクトップ下の木工事に入っていきます。

自分でキッチン工事をすると、有名メーカーのシステムキッチンがいかに高いか実感します。

表面的な仕上がりはきれいですが、裏は合板、圧縮ボードばかり。純粋に材料費としては販売価格の10分の1程度では。後は、派手な宣伝広告費、ショールーム代が大半ではと想像してしまいます。

Shinku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »