« 工房通信(1月6日) | トップページ | バーベキュー小屋 »

〝野良猫〟のような生き方

一日中、工房で作業していると夕方決まった時間になると黒い野良猫が工房の横を歩いていきます。

それを見ると、人間社会と野良猫を対比させいつも思うことがあります。

これからの時代は「野良猫のような人生」が主流になるかもと。

今までの右肩上がりの経済成長の時代には多くの日本人は、飼い猫のように企業などの組織にどっぷりつかり給料という〝餌〟をもらって生きていた。

昨年は、シャープ、ソニー、パナソニックなどそうそうたる企業が大規模な人員削減をしたり、今年に入ってからは〝追い出し部屋(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130108-00000027-asahi-ind)〟が問題になり、〝飼い猫のような人生〟にほころびが見え始めている。

野良猫は、餌をもらえる場所をたくみに移動して生き延びている。ある場所では餌をもらえる人間に媚び、もらえないとわかれば未練もなくすぐ次の場所へ移動していく。

幼い頃から飼い猫になった猫は、野良猫のような野生の本能が身についていないので、いざ飼い主から捨てられれば生きていけない。

人間でも自分というものを消し組織の人間としてどっぷり浸かり、疑いもなくその組織だけしか通用しないスキルを磨き、意図しない仕事をさせられても組織に媚びていたのでは、いざ組織が無くなったり、捨てられたときには生きていけない。

しかし、野良猫のような生き方であれば組織には属したときは媚びるものの、次のステップに向け自分のスキルやキャリアを磨き、その組織が無くなったり、捨てられたとしてもその組織に何の未練もなく、自分を必要とする次の組織を渡り歩きして生きていける。

あるテレビ番組で日本マクドナルドの原田泳幸社長が日本アップルコンピュータ社長から日本マクドナルド社長にヘッドハンティングされたことに関する質問に対して「私は組織のトップではありますが、尊敬されたり社員から媚びられる対象ではありません。その組織の中の一つ仕事である社長業をしているだけです。私を必要とするところがあればどんな業種でも行きますよ。」

組織にどっぷり浸かり、意図しない仕事でも自分を殺し前向きさを装い、取り繕ったような実績だけを強調し媚びることによって成り上がった組織のトップは、それによって得た利権だけは主張するが、責任やリスクを全く取らない。

反面、原田社長は自分のスキル、キャリアに対する絶対の自信と、うまくいかなかったときの責任とリスクを取る覚悟があり、すごく格好良かったです。

こんな野良猫になれるのは一部の人だけだと思いますが、時代の先端を読むことのできる原田社長がこれからの組織との付き合い方、仕事の仕方の見本を示しているのではと思いました。

獣医学の臨床の世界では、犬猫の精神病が問題になっているそうです。

本来、野生の本能を持った動物が人間に媚びる代償として餌と居場所が与えられ、人間から見れば一見幸せそうに思えますが、それは人間の勝手な思い込みのようです。

飼い猫のような生き方が主流の人間社会でも同じようなことで、心を病んでいる人がたくさんいます。

野良猫のような生き方が主流になれば、日々緊張感を持って生きていくことになり大変そうですが、職業の流動化が進み、自分の本当の特技、特性を活かした働き方ができる人が多くなり、もっと活気のある楽しい世の中になるように思います。

|

« 工房通信(1月6日) | トップページ | バーベキュー小屋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199993/48673285

この記事へのトラックバック一覧です: 〝野良猫〟のような生き方:

« 工房通信(1月6日) | トップページ | バーベキュー小屋 »