« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

今日の工房(6月30日)

今日は、1つの工房で建築の刻み作業と木工ワークショップが同時進行です。

今日は梅雨らしい蒸し暑い1日で刻み作業のSさんは汗だくでした。刻み作業は体力勝負です。

木工ワークショップには、滋賀県大津市と長浜市から女性2名がお越しになり、料理に使うすりこぎ棒と木べらの製作をされました。

629

完成した作品です。

6292

お一人の方は以前に杉の曲げわっぱ弁当箱のワークショップにご参加され、それを今もご使用になり「自分で手を加えたものは愛着があります。」と大変喜んでみえました。

次回のワークショップは杉のわっぱ弁当箱を大きくしたお櫃ができないかというご要望がありました。

また喜んでいただけるようご要望にお応えしたいと思います。

次回のワークショップを楽しみにお待ち下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

杉のテーブル  

カフェで使うテーブルの試作品ができました。

建築中のカフェに置きましたので、木工ワークショップにお越しの際には休憩や昼食の時にはご使用下さい。

その際にはご感想もお聞かせ下さい。

Table

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から建築工房に

どっぽ村(http://doppo.jpn.org/)建築部エコワークスの仕事が新築3棟、大規模改築1棟などと立て込み、農機具小屋のハーフビルド(建物の重要な部分である基礎、構造、屋根工事以外を施主の方が施工する)の仕事を、カフェのセルフビルドではいつも助けてもらっているSさんが請けることになり木工工房が当分の間建築工房になります。木工も当然できますが。

工房は6×16メートルと木工用としては大きいです。実ははじめから小規模建築にも対応できることを想定していました。

自分もセルフビルド進行中です。金銭的負担が少ないのは当然ですが、そこから人との繋がりが広がったたりお金では買えないものを多く得ました。

ガレージ、趣味の小屋、パン工房などの小さなお店などセルフビルドまたはハーフビルドで考えてみませんか。何かと協力しますよ。

何かお問い合わせがあればメール下さい。→ybydw133@yahoo.co.jp

昨日6メートルの梁材が入りました。今日は面だし、分あわせを行っています。

Kenchiku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在、椅子の量産中

カフェの建設作業が一段落したので、今は椅子を量産しています。

建築作業と木工作業を交互に行うことによって、マンネリ化しそうな建築作業のモチベーション維持に繋がっています。

先日まで延々と丸棒を60本近く削っていました。今日からは、丸棒への穴開け作業です。

Marubo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の工房(6月24日)

今日は椅子の部材の丸棒を40本近くもくもくと製作していました。

気の遠くなるような作業ですが、1本何分でできるか自分の中で競いながら製作していると何か小さな楽しみもありました。

Maru

その作業の横では、知り合いのSさんが古材家具の完成に向け頑張っていました。

写真は完成し古材家具の棚です。左下には引き出しも付けました。

古材の良さを生かした趣のある棚に仕上がりました。

Kozaikagu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「草の根文化サロン」の開催要項が決まりました。

以前にもこのブログで紹介させていただきましたが、8月26日(日)に開催の「草の根文化サロン」のメインゲストを務めさせていただくことになっておりました。

今日、そのサロンの実行委員長の土川さんが工房にお越しになり、開催内容の打ち合わせをし、開催要項が決定しました。

開催要項の詳細はこちらをご覧ください。→草の根文化サロン(http://kusanone.jugem.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古材の家具

先週末から知り合いSさんが古民家の床材らしき古材を使って棚を製作しています。

古材は扱いが難しく、これまでに古材で家具をつくったことがありませんでした。

組み上がってくるとなかなかの感じです。

Kozai

四隅はあられ組という継ぎ手を使い、竹釘で補強しています。

ビス止めではこの趣がでなかったと思います。

Arare

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の工房(6月16日)

今日はあいにくの雨でしたが、子供さんを含めて10名の方が工房を訪れました。

大阪・滋賀からお越しになった方々は三角スツールを、いつもカフェの建設作業ではお世話になっているSさんご夫婦は古材を使った棚を製作されました。

Yousu_2

三角スツールの製作では、子供さんがお父さんの旋盤作業に興味津々でどうしてもやりたそうでしたので、その作業を体験してもらいました。いままでの木工教室では子供さんが旋盤を使ったことがなく大変不安でしたが、想像以上に操作が上手く驚きました。

子供にはできないという大人の勝手な決めつけを反省しました。

子供の潜在能力を信じたいし大切にしたいと思いました。

Kodo

Isu

古材を使った棚は思った以上に良い感じに仕上がりつつあります。今日は完成できませんでしたので完成しましたらまたお知らせします。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テレビ取材

今日、建築作業をしていたら突然、地元の大垣ケーブルテレビの取材がありました。

その番組は、「里見まさとのご町内探訪」です。漫才コンビ「ザ・ぼんち」の里見まさとさんが町内を散策し突然訪問するという番組だそうです。

セルフビルドでカフェを建設している変わった奴がいるとの紹介で取材に来たそうです。

Shu1

たまたま建築部材に手カンナをかける作業をしていたとこで、まさとさんと女性アナウンサーがカンナに大変興味を示し、自分たちもやりたいということで体験してもらいました。

「カンナで削れた」と大はしゃぎでした。

Shu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カフェとギャラリーの扉が完成

本日、カフェとギャラリーの入り口の扉が完成し、建て付けも終わりました。

細かい部分を見ればところどころ粗がありますが、当然扉としての機能は果たしますし、自分としては大満足です。

三和土土間に木製の扉は大変よく合います。

写真は、カフェの入り口の扉です。

Photo

お客さんが必ず目にする所なので、杉の柾目を贅沢に使い製作しました。

あえて下部をガラスにしたのは、カフェの入り口・通路・ギャラリーと三和土で繋がっているのでその繋がりを演出するためです。

敷居は腐りにくい栗材を使いました。

次の写真は、ギャラリーから通路、カフェの入り口、そしてその内部を見た風景です。

外壁の黒に杉の茶色の色は良く合います。

Tobira

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のカフェからの風景

今日はカフェの内装工事の段取りをしていました。

南の窓から何気なく風景を見渡すと、麦が実り一面茶色になっていました。

間もなり刈り取りです。

Fukei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西粟倉・森の学校 『ニシアワー』 へ

以前から気になっていた『ニシアワー(http://nishihour.jp/)』へ行ってきました。

ニシアワーは岡山県の東の端、鳥取県との県境にある西粟倉村にあります。

9割以上が森林で、林業が主要産業です。林業が低迷してからは人口流出が著しく限界集

落とまではいきませんが過疎の典型の村です。

しかし、ここ数年一躍この村が脚光を浴び、いろいろなメディアでも紹介されています。

その理由は、林業再生、行政には頼らない民の力による地域再生です。

以前は素材産業としての林業で、外材との価格競争で衰退していきましたが、都会から移り住んだ若者たちが豊富にある木材を製品にする加工産業としての林業に転換し、ここ数年若者のIターンが増加したと同時に、地元でも雇用を生み出しています。

社名に「学校」がある理由には、村では仕事は自分で作るしかない。だから、木材から価値を創出できる起業家的な人材を養成することが必要であったからだそうです。

ソニー、パナソニックなど大企業が大規模人員削減をして生き残りを賭けていますが、この先10、20年後の日本を考えたとき、一部の大企業は日本に残っているかもしれませんが、残ったとしてもその雇用はほんのわずかで、企業に一生身をゆだねて生きていくことできなくなることは目に見えています。

ニシアワーの取り組みは、今の日本ではマイナーなものですが、10、20年後の日本ではスタンダードなものかもしれません。

現在、Iターンで約50人近くの若者が西粟倉に住み着いているそうです。すべてをニシアワーが雇用しているわけではありませんが、それぞれがニシアワーの動きに触発されいろいろな生業を試行錯誤しているようです。

写真は、ニシアワーの中心施設です。廃校になった小学校校舎を利用しています。

Koumon

玄関入り口。

Genkan

体育館は、実大の構造モデルの展示室です。このモデルと同じ家が村内に2棟建っています。

Taiikukan

ある教室は、家のモデルルームになっています。

Model

また、ある教室はカフェに、またある教室は売店になっています。

Cafe

Baiten

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モリアオガエル

工房とカフェのすぐ西側には自然の森が広がり、その中に「モリアオガエルの里」というその生息地があります。

建築作業をしていると時々、モリアオガエルの鳴き声が聞こえますが、その正体を見たことがありませんでした。

今日、工房の前に植栽した樹木の新緑の葉を見ているアマガエルらしきものがいました。でもよく観察するとそれはモリアオガエルでした。

Kaeru1

Kaeru2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カフェとギャラリーの引き戸製作中

現在カフェとギャラリーの入り口の引き戸を製作しています。

今日、枠組みが完成しました。

お客さんが必ず通る場所なので、厳選した杉の柾目を使いました。

カフェの入り口、通路、ギャラリーは三和土土間でつながっており、その繋がりを演出するために下部にはガラスをはめ込みます。

Pto_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の工房(6月2日)

5月の連休以来、約1カ月ぶりの木工ワークショップ(椅子製作)を開催しました。

男性のお一人は、1カ月ほど前にフレームを完成させ、今日は座面の編みです。黒いペーパーコードで編まれました。フレームが同じナラ材でもペーパーコードを黒にするだけで完成した雰囲気が全然違います。

Isu_2

Isu2

女性のお二人は、約1年ぶりのご参加でした。

作業方法をすっかり忘れ最初はとまどってみえましたが、徐々に感覚が戻り後半はペースが上がり、部材の加工が全て終了しました。

次回は組み立てです。

Isu1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »