« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

「工房」の棟上げは無事終了

天候にも恵まれ、工房の棟上げは無事終了しました。

この日は、どっぽ村大工親方の清水さんをはじめ、刻み作業で何かと指導いただいた職人さん、どっぽ生の皆さん、そしてどっぽ村でお知り合いになった方々など数多くの協力であっという間に屋根まで完成してしまいました。

建築コストを下げるというからはじまったセルフビルドですが、こうして自分で刻んできた部材が組み上がり一つの形になったときは想像以上の達成感がありました。それと同時に人とのつながりの大切さを実感しました。

確かに部材を刻んだのは自分ですが、その過程では清水さんをはじめ多くの方々の支援があり、棟上げ当日もそれぞれいろいろな仕事があるにもかかわらずこの日とばかり集まって協力していただけました。人間一人では何もできません。人とのつながりがなければ何もできません。人とのつながりが何か事をおこす。それを強く感じた1日でした。

あなたもセルフビルドで家を建てませんか。協力します。この感動を共有しませんか。新しい世界が見えてくるかもしれません。

3月中旬にはカフェの棟上げをします。ブログでご案内しますので、参加してみませんか。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基礎完成

基礎工事を始めて1ヶ月。降雪で行程が予定より延び、今日ようやく型枠を外し、真新しい完成した基礎が見えてきました。

これで棟上げの準備は全て整い、当日を待つだけです。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どっぽ村 木工房「結」は学習机製作の季節

4月の新入学の季節を前に学習机の製作が盛んです。

オリジナルのデザインで、簡単にビス止めで製作するのではなく、子供さんが使わなくなってもお母さんが自分の机として使用でき、何十年も持つよう本格的なホゾ組で製作されています。

Photo_2

仮組みした状態

Photo_3

学習机を子供さんと選んで買うことも楽しみの一つですが、子供さんとお母さんが一緒に製作しそれを使わせることも選択肢の一つでは。思い出に残る大切な学習机になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刻み作業終了

本日、昨年10月から取り組んでいたカフェと工房の構造材の刻み作業が全て終了しました。まだ建ってもいないのに、何かすごい満足感があります。

26日の棟上げ当日は‘にわか’棟梁で頑張ります。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棟上げの日取りが決定

昨年9月より刻み始めた工房とカフェの構造材がようやく完成し、2月26日土曜日に工房の棟上げをすることになりました。それに続き3月上旬にはカフェの棟上げをします。

ワークショップで行いますので、どなたでもご参加いただけます。建築に興味のある方は是非ご参加下さい。

参加されることが事前に分かれば、メール(ybydw133@yahoo.co.jp)でご連絡いただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滋賀県立大学人間文化学部 生活デザイン専攻 卒業研究・修士研究展覧会を見学

卒業研究のお手伝いをさせていただいた学生さんの展覧会の見学に行ってきました。この学部の全生徒さんの研究成果の展示がされておりました。その中には、将来商品化されるものもあり、それぞれ意気込みを感じられるものが数多くありました。

お手伝いさせていただいた生徒さんの「クラフト屋台」は、学部の先生方の評価も高く賞をいただいたそうで、自分のことのように嬉しくなりました。

Photo Photo_2

琵琶湖に生息する魚をハンコにした作品。滋賀県立博物館で採用される予定だそうです。

Photo_3

琵琶湖に住宅を浮かべるプロジェクトの住宅模型。

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基礎のコンクリート打ち

約2週間前には型枠組み、鉄筋組みが完了していましたが雪のためなかなかコンクリート打ちができませんでした。雪も無くなり、やっとコンクリート打ちができました。どっぽ村からどっぽ生3名の応援もあり順調に進みました。

この日は、カフェと工房をセルフビルドすると言うことで、地元の大垣ケーブルテレビの取材がありました。その様子は、2月14日から「ニュースのひろば」の一部で一週間放映されるそうです。興味のある方はご覧頂ければ幸いです。

Img_8403 Img_8406

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »